埼玉県日高市のパソコン修理・データ復旧
■PATX66CLPのプロードライザ交換修理

今回の故障症状は画面が映らないというものです。
ただし、バッテリーで電源を入れると普通に起動するというユニークな不具合で、マザーボードに取り付けられている「プロードライザ」という部品の故障が原因となることが多いです。

PATX66CLP

この症状はプロードライザを交換してみないと直るか分かりませんので、お客様には事前に成功した場合は料金を頂くことをご了承頂きました。
早速パソコンを分解してマザーボードを取り出します。

PATX66CLP分解

古いプロードライザを剥がして新しいプロードライザを半田付けます。
使用する部品はNEC TOKIN OE128です。
錫メッキ線を使って糸半田で接着する方法もありますが、クリーム半田を仕入れていたのでヒートガンを使って取り付けを行いました。

プロードライザ交換テスト

借り組立てして起動させたところ、画面が映るようになりました。
windows® も正常に立ち上がったため無事修理完了となりました。
こちらの機種を含む一部のパソコンではよくある症状ですが、プロードライザの交換だけでは直らない場合もあるので、無事起動できて安心しました。
ちなみにプロードライザ交換で治らない場合は、下のリンクにあるような修理を行っております。
詳細はこちらか下のリンクをクリックして下さい。

<今回の修理料金>
作業料金10,500円 部品代750円 返送料金0円 クーポンご利用で1,000円割引 合計 10,250円

プロードライザ交換では修理できず、代替のコンデンサを4つ配置して修理を行った事例もあります。
■詳細はこちらをクリック■

その他プロードライザ系修理事例はこちらをクリック

修理事例集一覧


HOME