埼玉県日高市のパソコン修理・データ復旧
■プロードライザ交換事例(その他)

修理事例に乗せてからプロードライザ交換・プロードライザ代替のご依頼が増えました。
特にプロードライザ交換では直らなかった、どうせ交換するならプロードライザではなく代替修理の方が長持ちしそうなのでそちらの修理方法で頼みたい。
というご依頼が多いです。
全て修理方法は同じですが、よくある故障ですので追加でいくつか掲載致します。

プロードライザ交換

上のモデルはPATX66GLP(TX/66G)という機種です。
ACアダプタ接続ではwindowsが立ち上がらない症状でした。
プロードライザを高分子コンデンサへ交換致しました。
(修理料金:11,500円)

プロードライザ交換

こちらはPATX66FLP(TX/66F)です。
プロードライザの単純な交換で修理出来ました。
(修理料金:10,250円)

プロードライザ交換

こちらはPATX66FLPBL(TX/66FBL)です。
パソコンサポート業者様から、エンドユーザー様が使用されているパソコンとのことでご依頼頂きました。
プロードライザの代替修理となりました。
(修理料金:11,500円)


プロードライザ交換

こちらはwindowsが立ち上がらなくなり、お客様ご自身でプロードライザに電解コンデンサを追加されたパソコンです。
機種はPATX66DLR(TX/66D)
赤丸部分が追加されたコンデンサです。

お客様ご自身で改造等をされている場合は当店の修理対象外になりますが、動作保証を行わないことをご了承頂いたうえで修理することになりました。

コンデンサ追加後は立ち上がるようになったそうですが、1度目の起動に失敗するなど不安定な状態が続いているとのことでした。
当店で長時間起動テストを行った際は、勝手に再起動してしまったり画面が映らなくなることがありました。

プロードライザ交換

コンデンサのケーブルはプロードライザに接続されておりましたが、左の+極性部分は外れてしまっておりました。
その他の部分も手で触れると剥がれてしまう状態でした。
また、プロードライザ自体もはんだゴテの熱で色々なところが溶けてしまっておりました。

通常TX/66DやTX/66C等の機種は、右図の空きスペースに高分子コンデンサを配置することで修理可能です。
コンデンサの数も2つなのでそちらのほうがお安くなりますが、プロードライザも溶けておりますし、お客様のご希望もあってプロードライザ自体を代替コンデンサに変更することになりました。

プロードライザ交換

プロードライザを代替コンデンサに変更しました。
動作保証が出来ない修理ですので、念のため丸1日パソコンの起動テストを行いましたが問題ありませんでした。
お客様に状況をご報告させて頂いて修理完了となりました。
(修理料金:11,500円)

通常のプロードライザ交換で修理できた事例はこちらをクリック

プロードライザ代替交換修理(PATX66GLP)はこちらをクリック

プロードライザ代替交換修理もう1台(PATX68FLRWP)はこちらをクリック

修理事例集一覧


HOME