埼玉県日高市のパソコン修理・データ復旧
■PC-LL750RJ1KのHDD交換(容量UP)+CMOS電池交換

今回のパソコンはPC-LL750RJ1K(LL750/R)です。型番からするとコジマさん専用のモデルでしょうか。
エラーでパソコンが立ち上がらないため、HDD交換とCMOS電池交換を行いました。

PC-LL750RJ1K(LL750/R)

パソコンを立ち上げたところ、お客様からご指摘のあった「Operating System not found」というエラーの他にもう一つエラーが出ておりました。
HDDの故障とマザーボードに取り付けられているリチウム電池の消耗が原因です。

マザーボード・CMOS電池

まずはリチウム電池(CMOS電池)の交換です。
電池はマザーボードに接続されていますので、マザーボードを取り外します。
そしてマザーボードの黒いシートの下にあるCMOS電池を交換します。
取付けられていた電池は「ML1220」というボタン電池ものです。
モデルによっては半田付けが必要になりますが、こちらのモデルは爪でひっかけるタイプでした。

HDDコピー

故障したHDDを別のパソコンに繋いで状態を確認してみました。
すると「初期化されていません」「未割り当て」と表示されておりました。
HDDの中のデータは読み取れなくなっています。
それどころかHDDとしては「データを保存する準備すら出来てません」といっています。
HDDが記憶喪失になってしまったような状態です。
HDDに眠る記憶を呼び覚ます必要がありますが、このHDDは壊れているので新品のHDDに全てをコピーしてクローンのHDDを作ります。
その際、元々のHDDは容量250GBでしたが、320GBのものを使って容量UPしました。

PC-LL750RJ1K MBR修復

HDDをコピーしましたが、このままでは記憶喪失のままです。
HDDを解析して失った記憶を取り戻してもらいました。
MBRの修復作業です。

PC-LL750RJ1K起動画面

HDDに無事記憶を取り戻してもらえたためパソコンが立ち上がるようになりました。
お客様のアカウント情報等も元に戻りました。
HDDの状態を見てみると、「Windows Vista (C:)」やNEC-RESTOREというパソコンをリカバリー(パソコンがおかしくなった際に購入時の状態に戻す機能)するための領域等も復活しています。
無事、データを消さずに修理出来ました。

尚、こちらのお客様には修理以前に消えてしまったデータの復旧もご依頼頂きました。
ありがとう御座いました。

<今回の修理料金>
作業料金10,500円 部品代6,000円 返送料金0円 クーポンご利用で1,000円割引 合計 15,500円

修理事例集一覧


HOME