埼玉県日高市のパソコン修理・データ復旧
■立ち上がらないパソコンからのデータ復旧(物理障害)

HDDからのデータ復旧(物理障害)です。
パソコンに繋いでも認識しないどころか、HDD自体の電源が入らず内部のモーターが一切回転しません。
他のデータ復旧業者では見積りが8万円を超えてしまい、お客様ご自身で同じHDDを部品取り用に購入したもののデータ復旧出来ずにおられたそうです。

当店でデータ復旧できなければ諦めると仰っておりましたので、リスクはありますがデータ復旧することになりました。

データ復旧

HDDのモーターが全く動作せず、電源が入らないことからHDD裏の基板(PCB)異常ではないかと考えました。
お客様ご自身で購入されたHDDからPCB基板を移植してHDDを復活させてみることに致しました。

データ復旧

PCB基板にはHDDのモーターを回すだけでなく、ファームウェアというプログラムが保存されております。
このファームウェアには「HDDのどこからデータを読み込むか」等の重要なデータが入っており、同じHDDでも個体毎にデータが異なります。
そのため単純にPCB基板を交換しても、HDDから「カチカチ」と異音が出て内部のデータは読み込めません。

そこでファームウェアが保存されている不揮発性メモリーを故障したPCB基板から正常なPCB基板に移植します。

データ復旧

とても小さなチップなので破損させないよう注意しながらチップを移植します。
移植が完了したPCB基板をデータ復旧したいHDDに取り付けます。

データ復旧

撮影ミスで見辛い画像になりましたが、PCB基板の移植で無事HDDが動作するようになり、中のデータが開けるようになりました。
HDDは正常に動作するようになりましたが、何が起きるかわかりませんので復旧ご希望のデータを迅速にUSBメモリーに保存致しました。
(USBメモリーはお客様にご用意頂いたものです)

今回のようなデータ復旧はリスクが高いので最終手段です。
データを安全に取り出されたい場合は8万円〜でデータ復旧専門業者に依頼したほうが良いと思いますが、「無理なら諦める」というお客様であればこのような作業も承ります。

<今回のデータ復旧料金>
作業料金21,000円 部品代0円 返送料金0円 クーポンご利用で1,000円割引 合計 20,000円

データ復旧事例集一覧

HOME