埼玉県日高市のパソコン修理・データ復旧
■FMVA522ASKのリフロー修理

今回は富士通FMVA522ASK(AH520/2A)の修理です。
同じ富士通のFMVNFE40やNFE50等と同系統の機種で、外見やマザーボードの基本的な作りはほぼ同じです。
そのため、FMVNFE40やFMVNFE50と同じくGPU(グラフィックチップ)周りの不具合で画面が全く映らなくなってしまうことがあります。
GPUはマザーボードに半田で接着されてますので、マザーボードごと交換する修理もありますが、なるべく安く修理したいというご希望でリフロー修理を行うことになりました。

FMVA522ASK

症状を確認すると、画面は全く映りません。
電源のランプが光ってファンが回る音がするだけです。

メモリーの不良等も特にないためマザーボードを取り外してリフロー作業に取り掛かります。

リフロー

こちらがGPUです。
マザーボードに小さな半田がびっしり付いていて、その上にGPUが載っている感じです。
(その半田でくっついています)
その半田が熱等の影響で割れてしまったりすると、GPUからの情報が伝わらなくなり画面が映らなくなります。

リフロー修理ではGPUを上からヒートガンで熱してGPUとマザーボードを繋いでいる半田を再度溶かして接着しなおす作業を行います。
その際、熱でマザーボードごと破壊しないようにGPU周りにアルミで覆って他の部品に熱が伝わらないようにします。

半田が溶けたかどうかは上から見ても判断できないので経験を元に調整しながら加熱します。


動作確認

リフロー後、パソコンに熱を溜め込む原因となる埃を除去します。
一通り清掃が完了してから動作テストを行ったところ、正常にパソコンが立ち上がりました。

その後パソコンに負荷を掛けるテストや動画再生テストを数時間行いましたが異常なし。
修理完了です。

<今回の修理料金>
作業料金10,500円 部品代0円 返送料金0円 クーポンご利用で1,000円割引 合計 9,500円

他のリフロー事例:PC-LL550RG

リフローの詳細が書かれた事例はこちら

リフローよりも再故障リスクが低くマザーボード交換より安い「リボール修理」はこちら

FMVNFG40(NF/G40)のリボール修理
修理事例集一覧


HOME